Kabuoon トップ 徹底比較> 証券会社 外為FX 商品先物 日経225 保険 生命保険 自動車保険 仕事 派遣 資格
 株式投資・資産運用ポータルサイト「Kabuoon」は、初心者のかたを中心に役に立つ情報を提供いたします。
資産運用をはじめよう
これから株式取引の方、すでに始めている方も充実した105コンテンツをご提供
指値と成行の使い分け
具体的な指値と成行の使い分けについては、「取引成立を優先させるか」、それとも「価格を優先させるか」によって決まります。
予算の都合や、「この銘柄は、この価格であれば買い時だ」といった視点から、値段にこだわり、相場の流れから予想する株価で売買したいときには指値注文が有効です。例えば、キャピタルゲインを確定させるために、手数料や税金を差し引いてもなおプラスにして売りたい場合などです。指値注文であれば、予想外の値段になるリスクを避けることができます。ただし、成行注文のところで述べたように、わずかな価格差で約定しないこともありますので、その点も考慮しましょう。商いが活発になっている場面での指値注文は、たった1円違いで売買できないこともよくあります。また、それにより買い時・売り時を逃してしまうと、せっかく得られたはずの利益を逃したり、想像以上に損益が拡大したりしてしまうこともあります。
逆にできるだけ早く、確実に株を売買したいときには、成行注文がおすすめです。相場が上がるときには、商いが商いを呼んで、加速度的に値段が上がることがあります。そのような傾向にある銘柄は、多くの人が「早いうちに買っておきたい」と思います。逆に下落傾向のときには、まったく反対の作用が働き、加速度的に値段が下がることがあります。その場合は、どの注文よりも優先される成行注文を早く出すことで、値幅制限に到達する前に購入できる可能性が高まります。1円の差にこだわるより、少しでも早く売買を成立させた方がお得になることも多いのです。「損して得取れ」とはこのことです。
なお、証券会社によっては、指値注文と成行注文とで、売買手数料が異なる場合があります。この場合、指値注文の方が、成行注文の売買手数料よりも割高になっているので注意しましょう。
株相場は常に価格が変動していますので、「価格優先」の指値注文、「約定優先」の成行注文を、その時々に使い分ける必要があります。


利用規約 | 問い合わせ | FAQ | 運営会社 | 広告について |
Copyright (C) 2006-2013 Kabuoon.com. All Rights Reserved.
おすすめサイト一覧
投資で世界を変える株式投資・財務情報サイトShares FX比較 ネット証券比較 日経225先物徹底比較 保険広場 仕事広場