Kabuoon トップ 徹底比較> 証券会社 外為FX 商品先物 日経225 保険 生命保険 自動車保険 仕事 派遣 資格
 株式投資・資産運用ポータルサイト「Kabuoon」は、初心者のかたを中心に役に立つ情報を提供いたします。
資産運用をはじめよう
これから株式取引の方、すでに始めている方も充実した105コンテンツをご提供
株価はどんな要因で決まるのか?
株式の価格を「株価」と呼びます。新聞の株式欄を見ると分かるとおり、一株で100円程度のものから、100万円を超える値を付けているものまで、株価は銘柄ごとにばらつきがあります。この株価はどう決定されるのでしょうか。
株が売買される仕組みは「セリ」と同じです。売りたい人が希望する販売価格と、買いたい人が希望する購入価格とが一致した時に売買が成立し、その価格が、その時点での株価となります。買いたいと思う人が多ければ、他の人より高い価格を提示すれば買いやすくなりますので、株価が上がっていきます。反対に売りたい人が多ければ、低い価格を提示した方がより売れやすくなりますから、株価は下がっていきます。この「買いたい」という需要と「売りたい」という供給とのバランスが株価を決めます。
需要を促す要因としては、株を保有するメリットがあることが挙げられます。一般的には業績が好調で利益が多い企業であれば、株主へ還元される配当金も大きくなります。またその企業の業務領域が、成長性を期待されている分野であれば将来株価が上昇し、資産価値が大きく増えることが期待されます。このような企業の株は、買いたい人がたくさんいますので結果として株価は上昇します。
また、外的な要因も需要と供給に影響を与えます。例えば全体的な景気が回復すれば、企業業績もそれに連動するので、株式相場全体に大きく影響します。為替レートの変動も、輸出入の多い企業業績にダイレクトに影響を与えます。円高になれば輸入額の多い企業は利益が増加し、輸出額の多い企業であれば利益を圧迫するのが好例です。さらに、投資家の心理も株の需要と供給に影響を与えます。不祥事や大事故が起きた会社の株価が下落するのには、心理的なマイナスイメージが働いていると言えるでしょう。つまり、『株価』は「企業の価値」を表していると言え、それぞれの投資家が感じる印象や、分析により変動しているのです。

利用規約 | 問い合わせ | FAQ | 運営会社 | 広告について |
Copyright (C) 2006-2013 Kabuoon.com. All Rights Reserved.
おすすめサイト一覧
投資で世界を変える株式投資・財務情報サイトShares FX比較 ネット証券比較 日経225先物徹底比較 保険広場 仕事広場