Kabuoon トップ 徹底比較> 証券会社 外為FX 商品先物 日経225 保険 生命保険 自動車保険 仕事 派遣 資格
 株式投資・資産運用ポータルサイト「Kabuoon」は、初心者のかたを中心に役に立つ情報を提供いたします。
資産運用をはじめよう
これから株式取引の方、すでに始めている方も充実した105コンテンツをご提供
自分にあった取引スタイルをつくる
外国為替証拠金取引は、保証金(証拠金)を担保にしてその何倍もの外貨を売買する取引です。外国為替証拠金取引専業会社をはじめとして、証券会社、商品先物取引会社がサービスを提供しています。これらの会社ごとに取引に必要な保証金の割合は異なりますが、運用したい(実際に取引したい)外貨額の約20分の1から10分の1の保証金が必要となります。ほとんどの会社では、取引時の最低通貨単位が設定されていて、USドルやユーロだと、1万通貨単位以上としています。つまり、1万ドルや1万ユーロ以上で外貨を買う必要があるのです。ただし、そのためにそれと同額分の円資金を用意するのではなく、その20分の1から10分の1の円を用意すればいいのですから、1ドル=100円と換算すると、約5万円から10万円が元手、ということになります。
会社によっては、売買する外貨の2000分の1の保証金で取引可能なところもあります。つまり先ほどの約5万円から10万円の保証金であれば、10万ドルから100万ドルで売買ができるのです。しかし100万ドルは円に換算すると実に1億円! 為替相場が思惑と逆に推移した場合、その損害額も大きなものとなってしまいます。最初のうちは、リスクを拡大させないためにも、売買する金額の10分の1程度を保証金として、取引する程度が適当でしょう。
また、取引通貨単位が低く設定されている会社もあります。証券会社によっては1000通貨単位で売買できるのです。こうした会社であれば、売買の通貨単位が一般的な他社の10分1の保証金で取引が始められます。他社で5万円の保証金が必要なところが、5000円で済むわけです。
掛ける資金が少なければ、当然儲けも少なくなりますが、為替に対して自分の知識や経験があるかどうか、運用に回せる余裕資金がどれくらいあるのか、という現在の状況に応じて、運用資金量を決め。自分にあった取引スタイルを行える会社を選ぶのがいいでしょう。


利用規約 | 問い合わせ | FAQ | 運営会社 | 広告について |
Copyright (C) 2006-2013 Kabuoon.com. All Rights Reserved.
おすすめサイト一覧
投資で世界を変える株式投資・財務情報サイトShares FX比較 ネット証券比較 日経225先物徹底比較 保険広場 仕事広場