kabuoon Style

柴田 涼コラム:
不動産投資って実はあなたの身近な資産運用の一つです。
知識の欠如と間違った情報・先 入観で失敗しないように正しい不動産投資を解説いたします。



『間違いだらけの不動産投資!』Vo,6

柴田 涼(しばたりょう)

http://estateagency.cocolog-nifty.com/blog/ ←ブログもよろしく    

〜不動産に働いてもらう!〜

不動産の置かれている状況は、まだまだ語りたいところですが、まんまりウンチクばかりでも、飽きてくるので、ちょっと、身近な話をしていきましょう。

不動産投資をする前に、まず、なんでやるの?っていうのが大事だということは以前述べました。お金が余っているから?将来が不安だから?資産を増やしたいから?相続を考えて?100人いれば100通りの理由があっていいのです。くれぐれも来年必要になる結婚資金を全部不動産に注ぎ込んじゃった!だって儲かるんでしょ?って間違いは犯さないように。結婚もできなくなりますから。

まずは、大多数の方が目的にするであろう不労所得について考えていきましょう。不動産投資の目的は、そのほとんどが不労所得ではないでしょうか?銀行に預けていてもキャッシュがキャッシュを生まない時代。ならば不動産にお金を預けてキャッシュフローを得ようじゃないか!と考える訳です。不労所得が目的であっても、それは

  • ・退職後の所得を補うものにしたいのか
  • ・預金を食いつぶしているだけでは勿体無いので、不動産からのキャッシュフロー(毎月の家賃収入)を今すぐ得たいのか。

サラリーマンや事業主の方にとっての心配の種の一つは、退職後や引退後に所得が大きく減ってしまうということ。高齢化社会において、いくら預貯金を残しておけば安心なのかは予測できません。また、預貯金はどんどん目減りするばかりで、不安も尽きないでしょう。そこで、不動産にしっかり働いてもらおう!となるのです。

単純に億単位の資産を作ろうと思っても、普通のサラリーマンではなかなか難しいものです。でも、一発当てなくても、それが可能なのが不動産投資なのです!(ほら、だんだん面白くなってきた?)では、その方法とは?次回からは数字が沢山出てきますので、覚悟してください。